駆除専門の業者を探して安全な暮らしを手に入れよう

必要性を知る

ハクビシン駆除の必要性について

可愛い容姿のために、退治するのが可愛そうと思ってしまいそうなハクビシンですが、被害の状況は思いのほか深刻な害獣です。木登りが得意で、素早く天井裏などに侵入して巣を作ってしまいます。屋根裏の断熱材などは巣を作るのに格好なクッション材になりますから、引きちぎってボロボロにされてしまいます。それだけでなく、そこをトイレにして糞を貯めてしまうので悪臭のもとになります。一度ついてしまった臭いは、あわててハクビシン駆除をしてもなかなか取れなくなります。また、ダニやノミ、多くの雑菌を身体に保有しているので、糞と絡まったダニの死骸などによって家族がアレルギーになってしまうこともあります。こうした被害を防ぐために気配を感じたらすぐにハクビシン駆除をすることが必要です。

ハクビシンを駆除する方法について

ハクビシンの駆除方法は、大きく分けて追い出しと捕獲です。ハクビシンを追い出したあとに、侵入口と思われる場所や侵入可能な場所をふさぐか、捕獲してからふさぐかの違いなのですが、追い出しの場合には天井裏や床下などに燻煙剤を焚いたり、木酢液やハッカ油などのハクビシンが嫌がる匂いの忌避剤を散布したりします。追い出しに比べると捕獲はかなり大変で、捕獲を行うのに保健所や県庁、都庁、農業振興センターなどの担当部署にハクビシン駆除の申請を行わなければなりません。申請用紙は3〜4枚になり、詳しい書き込みが必要で、場合によっては被害状況の写真を添えて提出することもあります。申請はハクビシン駆除業者に委任することができるので捕獲作業ともどもお任せするのが良いでしょう。